column

実務ポイント : マイナンバー制度の事前対策

★★ マイナンバー制度の開始に向けた準備が必要です! ★★

マイナンバー制度導入により、ほぼ全ての事業者が何らかの対応を要します。ポイントをまとめましたので、参考になさってください。

1. マイナンバーの交付対象

全ての国民と法人
(幼児や日本に居住する一定の外国人を含む)

2. スケジュール

・平成27年10月以降 … 個人番号、法人番号の通知

・平成28年1月以降 … 税、社会保障、災害対策分野で利用開始

※ 税についてのマイナンバー記載の開始時期
・法人税申告…平成28年1月以降に開始する事業年度に係る申告書から
・個人所得税申告…平成28年分の申告書から
・法定調書…平成28年1月以降の支払い分から
・申請書等…平成28年1月以降分から

3. マイナンバー記載書類例

・源泉徴収票
・給与支払報告書法定調書
・所得税・法人税等申告書
・各種申請書、届出書
・雇用保険被保険者取得届、資格喪失届
・労働保険申告書
・健康保険厚生年金保険被保険者資格取得届、資格喪失届
・その他社会保険に係る各種申請書、届出書

4. 罰則

正当な理由なく個人番号を外部に提供した場合等、法令に違反した場合、4年以下の懲役、200万円以下の罰金
(不正をした社員のみならず、会社にも罰則が適用される)

5. 平成27年10月以降に会社がやらなければならないこと

・全従業員(パートアルバイト含む)から、個人番号を収集する
・従業員の扶養親族からも個人番号を収集する
・各人から収集する際には、利用目的を説明すると共に、身分証明書等で本人確認する
(扶養親族は委任状等で確認)
・会計事務所等や家賃等の支払先から、個人番号を収集する

6. 平成27年10月までにやっておくべきこと

・個人番号の取り扱い(取得・保管・廃棄)のルールを定める
・個人番号の管理責任者を決める
・給与・税務・社会保険などの各種業務ソフトをマイナンバー制度適用のものに更新する
・システムセキュリティ(アクセス制限、パスワード管理)を確認し、万全の体制にする
・会計事務所や社会保険労務士事務所などの委託先と、個人番号の取り扱いルールを確認、共有する
・当局から随時発表されるマイナンバー制度の取り扱いに関する情報を収集する
・従業員研修等で、制度の目的や個人番号の利用目的、本人確認の方法などを周知徹底させる

小規模事業者の経営相談はこちらまで。

株式会社MASUKO Facebookページ
https://www.facebook.com/masukomc
(“いいね”を押していただいた方に、随時、経営のお役立ち情報をお届けします。)

2015-04-06 | Posted in columnNo Comments » 

 

コラム:経営者の個人保証を外す方法

クライアント先で、経営者が高齢なので事業承継対策を急いでいる会社があります。
幸い「現経営者の後を継いでもいい」と言ってくれている人がいるのですが、心配しているのが経営者の個人保証。

「借入金の保証人になるのは勘弁」とのこと。
確かに、心配するのは無理もありませんよね。

中小企業、特に小規模企業の経営者の方は、借入をする際に、当たり前のように保証人を求められます。
銀行のみならず、日本政策金融公庫や信用保証協会といった公的融資の場合も、基本的には同じです。

この保証人、経営が順調な平時であれば問題になることもなく、特に意識することもないかもしれません。
しかし、次の場合に大きな問題となって立ちはだかります。

◇ 借入金が返済できなくなった時

土地や家屋等の物的担保をもってしても返済できないときには、保証人である経営者自身の資産や収入で返済していくことになります。
返済資金を確保できないと、自己破産せざる得ないケースもあります。

◇ 経営者が死亡した時

金融機関等に対する保証は、原則として相続人(配偶者、子供等)に引き継がれます。
経営者の死亡で相続が発生した場合、経営に関与していない相続人でも保証人となってしまいます。
万一返済できなくなった場合、その相続人が返済しなければなりません。

◇ 事業承継を行う時
前経営者から事業を引き継いだ経営者は、金融機関等から保証人になることを求められます。
つまり将来、経営者のみならず、その親族(相続人)や現経営者から事業を引き継ぐ人もリスクを負っているのです。

こうしたリスクを持つ個人保証制度が、創業や円滑な事業承継を阻む原因となっていることが以前から指摘されていました。
そこで、平成25年12月に「経営者保証ガイドライン」が公表されました。

内容をひと言で言うと「金融機関等は経営者に対して、個人保証人となることを求めないようにする指針」です。
法律ではないので拘束力はありませんが、金融庁と中小企業庁が中心となって策定されたものなので、金融機関等はこれを無視するわけにはいきません。

個人保証を外すための道が開けました。
将来のリスクを心配している全ての中小企業経営者にとって、朗報ですね。

しかしです。
このガイドライン、とても難解、というか読みにくいのです。

一文が400字を超える文があったりします。
もし私がこの文章を書いた人の上司だったら、即「書き直し!」を指示したでしょう(^_^;)

このわかりにくさが、イマイチ浸透していない原因かもしれません。

そんなガイドラインですが、借入金の経営者保証を外す、または保証人とならずに新規借入をするための条件を以下にまとめてみました。

1.法人と経営者との関係の明確な区分・分離

・法人から経営者への貸付は行わない
・個人が負担すべき飲食代等を法人の経費処理としない
・本社・工場・営業者等の資産は法人所有とするのが望ましい
(やむを得ない場合は、適切な賃料を支払う)
・役員報酬や配当等は、社会通念上適切な範囲を超えない

2.財務基盤の強化

・財務状況や経営成績の改善を図る
・順調に返済し得るだけの利益・キャッシュフローを確保する

3.財務状況の正確な把握、適時適切な情報開示等による経営の透明性確保

・「資産負債の状況」「事業計画」「業績見通し」「それらの進捗状況」などの正確な情報を金融機関等に開示する
・「貸借対照表」「損益計算書」「各勘定科目明細」の提出
・年1回の決算後のみでなく、期中においても「試算表」「資金繰り表」等を定期的に報告する

金融機関等を安心させる事業計画と財務計画があるか否かがポイントですね。

ご相談はこちらまで。
↓↓↓
http://masuko-mc.co.jp/?page_id=17

中小企業診断士  増子慶久
フェイスブックページ(“いいね”押していただけたら、うれしいです^^)
https://www.facebook.com/masukomc

 

2015-02-02 | Posted in columnNo Comments » 

 

コラム: 「たら・れば」を経営改善に活かす方法

先日のサッカーアジアカップ「日本vsUAE」は、残念な結果でしたね。

負けることは全く予想していなかったので、その日の晩はいろいろ考えて
しまい、寝付けませんでした(^_^;)

「アギーレ監督が、コンディションの悪い選手を先発させなければ・・」
「立ち上がりで、ディフェンダー陣の連携が崩れなければ・・」
「柴崎のFKがもう少し左に飛んでいたら・・」
「武藤や豊田のフリーで放ったシュートが決まっていたら・・」
「後半終了間際、香川がシュートを決めていれば・・」
「長友の肉離れがなければ・・」
「本田が最初にPKを、きっちり決めていたら・・」
「川島が1本でもPKを止めていれば・・」

などと次から次へと「たら・れば」を考えて、悔しがっていたのです。
「そんなこと考えても、どうしようもない」と知りつつ。。

この「たら・れば」。
中小企業の社長の口からも、よく聞かれる言葉です。

「あの会社と取引をしていなければ・・」
「あの投資を実行ていたら・・」
「あの社員を雇っていなければ・・」
「無理な借入をしていなければ・・」

経営で想定外の結果を目の当たりにし、後悔の念と共にこうした言葉が
出てきてしまうのですね。

私のように寝付けないぐらいで済んでいたらいいのですが、経営の場合は
そうも言っていられません。
いくら「たら・れば」を唱えていても、経営は良くならないからです。

言っても無駄、とわかっていてもつい口にしてしまう「たら・れば」。
この「たら・れば」を経営改善に活かす方法をお伝えします。

1.予め最悪の状態を想定しておく

「たら・れば」の悪いところは、それを考えるとショックが大きく、
次の行動に移れなくなってしまうことです。

会社内外の環境が日々変化する状況で、いつまでもショックを引きずって
いて、いいわけありませんよね。

動けなくなる原因がショックにあるのであれば、予めショックを受けずに
済むように、最悪の状態を想定しておけばよいのです。

新規取引や投資、人材採用、新規借入等を検討する際に、「実行した場合
には、どのくらいの損失を蒙る可能性があるのか」リスクを予め想定して
おいてください。

中小企業の社長は「どのくらいの利益が見込めるか」というリターンは、
想定しているのですが、リスクについてはあまり考えていないのが現状です。

これに対して、大企業はリスクとリターンはきちんと数値で算出してから、
実行の可否を判断します。

「最悪の状態は考えたくない」という気持ちはわかりますが、私情は挟まず
に、冷静かつ客観的な視点で予め想定しておくようにしましょう。

2.「たら・れば改善リスト」を作る

予め最悪の状態を想定していても、現実にそういう状態になってしまうと
やはり「たら・れば」と考えてしまうものです。
考えてしまうものは仕方ありません。

そこで、これを経営改善のチャンスと捉え、「たら・れば」の具体的内容を
全て紙に書き出してください。

例えば人材採用で「彼を採用していなければ・・」と考えるようになった
時点で、

・募集時期をもっと早くしていたら・・
・あの人材紹介会社に依頼しなければ・・
・採用条件をもっと理にかなったものにしておけば・・
・採用面接で、あの質問をしておけば・・

などのように、できるだけ具体的に細分化して「たら・れば」の項目を書き
出します。

そして、それぞれの項目ごとに改善策を考え、各項目の右側に書いてください。

・募集時期は、通常業務が落ち着く○月とする
・人材紹介会社ではなく、同じ業界で知り合いのAさんに頼む
・採用したい人材像を明確にして、募集要項に記載する
・採用面接では、経歴よりも創造性を試すような質問をする

というように、改善策も具体的に書きます。

このようなリストを作ることで、過去の失敗を次の成功につなげる礎とすること
ができます。

3.社員に率直に気持ちを伝える

もう一つ是非やっていただきたいのが、「たら・れば」と思った気持ちを率直に
社員に伝えることです。

特に真面目な社長ほど、自分の判断ミスを一人で抱え込んでしまい、暗くなった
り、イライラしたりするものです。

しかし、これでは社員は疑心暗鬼になって社長に近づきにくくなってしまいます。
会社の業績は社長一人が頑張って上げるものではなく、全社員が一丸となって
頑張ってこそです。
リーダーの社長が何を考えているのかがわからないと、社員は動けませんよね。

自分の判断で失敗したら「今回は上手くいかなかった。とても悔しい。でもこの
失敗を無駄にしないよう次はこのような対策を講じる!」と潔く社員に伝えてく
ださい。

中小企業の社長に変な見栄やプライドは必要ありません。
社長と社員の気持ちを一つにすることが、業績アップの唯一の方法と考えて、
前向きに進みましょう。

いかがでしょうか?
これら3つのポイントを押さえて、ネガティブな「たら・れば」をポジティブな
「たら・れば」に変換すれば、明日への未来を開くことができます(^^♪

中小企業診断士 増子慶久
フェイスブックページ(“いいね”押していただけたら、うれしいです^^)
https://www.facebook.com/masukomc

2015-01-25 | Posted in columnNo Comments »