サービスのご案内

(1)マーケティング経理代行



Ⅰ 「マーケティング経理」とは?
多くの中小企業では、経理を「決算書を作成するための手段」と位置付けています。
しかし、経理にはもっと重要な目的を持っています。それは、「黒字経営の仕組み化を実現すること」です。
つまり「過去の業績を集計する作業」ではなく、「未来の望ましい姿を実現させるためのシナリオ作り」
こそが経理本来の目的であり、その目的を果たすための資料作りを私は「マーケティング経理」と呼んでいます。

Ⅱ 「従来の経理代行」と「マーケティング経理代行の違い」
従来の経理代行は、
①売上・経費の記帳処理 → ②試算表作成 → ③決算処理 → ④決算書作成といった流れで行う経理代行です。
作成する試算表や決算書は、過去データの集計表(過去会計資料)に過ぎません。
これに対し当社の「マーケティング経理代行」では、従来の経理代行処理や作成帳票に加え、
「損益予測表」「部門・商品・顧客等セグメント別損益分析表」「資金予定表」「予算実績比較表」など、
未来を予測し経営改善を図るために必要な資料(未来会計資料)を作成します。「現状と目標との差がどのくらいあり、
その原因と改善策が見える」という、「従来の経理代行」にはない特徴を持っているのが「マーケティング経理代行」です。

詳しい情報をPDFダウンロードで読む

 

(2)「ビジョン共感型経営計画書作成」プログラム



Ⅰ 「ビジョン共感型経営計画書」とは?
「ビジョン共感型経営計画書」とは、社員が社長の想い(ビジョン)を理解、納得し、
自発的に行動できるようになることを目的として、作成される経営計画書です。
成果の出ない経営計画書の典型的なパターンは、
計画書に記載された売上や利益などの数値だけが独り歩きしているものです。
このような計画書は「どうすればその数値になるのか」、「その数値目標を達成するとどうなるのか」
が不明なため、社員の共感を得ることができません。
「ビジョン共感型経営計画書」では、社員一人ひとりの役割を明記し、
ストーリー仕立てで目標達成までの道程をわかりやすく説明しているので、
会社と社員が目指す方向性が一致し、目標達成までのスピードを加速させることができます。

Ⅱ 「ビジョン共感型経営計画書」7つの特徴
① ストーリー重視の計画書 → 計画数値の根拠が明確
② 経営理念から方策まで、一貫性のある計画書 → 実現可能性が高い
③ 独自の強みを深掘りした計画書 → 社内外への自社PR、信用力強化に役立つ
④ 社員一人ひとりにスポットを当てた計画書 → 社員のヤル気と仕事力がUP
⑤ 銀行担当者が、進んで融資稟議書を作成したくなる計画書 → スムーズな資金調達
⑥ 一度作成したら、繰り返し何度でも使える計画書 → 進捗チェックや手直しが容易
⑦ 黒字経営の仕組み化を、念頭に置いた計画書 → 実践的経営スキルの習得

詳しい情報をPDFダウンロードで読む

 

(3)「経営会議サポート」訪問コンサルティング



Ⅰ 「経営会議サポート」とは
定例の役員会議に同席し、黒字経営の仕組み化を実現するためのサポートをします。
経営計画の進捗チェック、問題点の抽出、改善策のシナリオ作りなど、業績向上のPDCAサイクルを回し、
安定的に利益を出し続ける会社を目指す経営コンサルティングです。
社長様を始めとする役員や後継者候補の方にご同席いただくことで、
経営者視点で物事を判断する能力や、計数能力を高めることができます。

Ⅱ サービス内容

Aプラン Bプラン Cプラン
内容 財務分析に基づいたマーケティング中心の経営コンサルティング。時間と労力とお金の使い方をきめ細かくフォローしながら、利益率の高い商品を安定的に売る方法を提案します。 財務中心の経営コンサルティング。予算と実績の差を分析し、「どこに問題があるのか」「誰が、何を、どのように行えば問題解決につながるのか」などを提案します。 貴社が経理ソフト等を利用して作成した各種帳票を見ながら、「押さえるべきポイント」、「数値解釈の仕方」、「利益改善を図るための分析資料の作成法」などをお伝えします。
訪問回数 毎月1回 毎月1回 2ヵ月に1回
ご提供資料 マーケティング財務レポート
(内容)
・財務状況等確認シート
・経営計画進捗確認シート
・商品別、顧客別、社員別貢献利益分析表
・経営改善策提案シート
・アクションプランシート
月次決算報告書
(内容)
・財務状況等確認シート
・予算実績管理表
・資金予定表
・セグメント別損益計算書
・各種財務分析グラフ
(貴社にて作成すべき資料やポイント、作成方法などをアドバイスさせていただきます。)
金融機関同行※1 あり あり なし

※1 「金融機関同行」
月次試算表をメイン銀行等に定期的に持参、説明することにより、格付け評価が上がり、
必要な時に必要な額を調達できる環境が整います。

詳しい情報をPDFダウンロードで読む

 

(4)その他のサービス

1.経理の仕組み改善提案
2.経理スタッフ育成支援
3.ビジネスコーチング
4.セミナー、社員研修
5.個別経営相談

詳しい情報をPDFダウンロードで読む

 

サービスの流れ

(1)経営のお悩み発生
ex)「今期も前期に引き続き赤字決算。仕入単価は上がってるので値上げしたいが、顧客離れが心配。
経営状況は苦しいのに社員はノンビリしていて危機感がない。
これ以上銀行から借り入れしても返して行ける自信はないし・・。どうすればいいんだろう?」

(2) 弊社へコンタクト
お問い合わせフォームから面談の申し込み

(3) 事前ヒアリングシートのご提出
当社から送付する「事前ヒアリングシート」に、経営の現況やお悩みの内容を記載して返信

(4) 面談
貴社に訪問して、コンサルティングの具体的内容の確認

(5) 御契約

「コンサルティングの目的」、「内容」、「方法」、「料金」、「支払方法」、「期間」、
「その他の注意事項」等を記載したコンサルティング契約書を作成し両社押印。

 

よくあるご質問

 

Q 申込み要件があれば、教えてください。
A.
「マーケティング経理代行」、「ビジョン共感型経営計画書作成プログラム」、
「経営会議サポート訪問コンサルティング」については、社員20名以内の法人企業様がお申し込み可能です。
その他のサービスは、各サービスの案内ページをご覧ください。

 

Q 申込方法を教えてください。
A.
まずは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。
お問い合わせ後、当社から「事前ヒアリングシート」を送付します。
ご回答いただいた後に、面談の上、諸条件合意の後、契約という流れでお申込みいただきます。

 

Q 各種サービスを受けられる対応エリアを教えてください。
A.
日本全国対応可能です。
但し、訪問による対面コンサルティングが基本となっている「ビジョン共感型経営計画書作成プログラム」、「経営会議サポート訪問コンサルティング」の場合、
遠方のお客様には、別途交通費等のご負担をお願いしております。詳細についてはお問い合わせください。

 

Q 料金の支払い方法について教えてください。
A.
「マーケティング経理代行」、「経営会議サポート訪問コンサルティング」は、毎月、月末に請求書をお送りしますので、記載金額をお振込みください。
「ビジョン共感型経営計画書作成プログラム」、その他のサービスは、お振込みによる事前一括払いにてお願いいたします。

 

Q 訪問について、どのくらいの時間を要しますか?
A.
1回当たり3時間程度となります。但し、進捗状況によりお互いの都合が合えば、1時間程度延長させていただく場合もあります。

 

Q 社内では、他の社員の目が気になるので、社外で相談することはできますか?
A.
もちろん可能です。社内では落ち着いてお話しできない等の事情があれば、ご希望により社外の落ち着いた場所でコンサルティングを行います。

 

Q 訪問日は土曜日、日曜日でも可能でしょうか?
A.
はい、土曜日、日曜日の訪問も可能です。
小規模事業者の経営者にとって平日は何かと忙しいことと思います。日程が合えば土曜日や日曜日の訪問も可能ですので、遠慮なくお申し出ください。

 

Q 社長ではなく、経理部長がコンサルティングを受け、黒字経営の仕組み作りを行ってもよろしいでしょうか?
A.
特段の事情があれば、社長以外の方であっても構いません。原則的には経営者である社長様と私との間で、黒字経営の仕組み作りを行います。
但し、社長様が既に第一線を退いていたり、社内外の現場を最もよく知るのが社長様以外の方である場合等、
特段の事情があれば、社長様の承認のもと、その方にコンサルティングを受けていただくことも可能です。

 

Q 「マーケティング経理代行」では、訪問によるコンサルティングは受けられますか?
A.
「マーケティング経理代行」は、原則として訪問によるコンサルティングは含まれておりません。
ご希望のお客様には、オプションとして柔軟に対応しますので、ご相談ください。

 

Q 税務に関する相談や申告業務は行っていますか?
A.
当社は税理士事務所ではありませんので、税務代理、税務書類の作成、税務相談等の業務は行っておりません。
ご希望のお客様には提携税理士事務所をご紹介いたします。

 

Q 現在、会計事務所に顧問をお願いしています。一般的な会計事務所と御社(株式会社MASUKO)とのサービス面での違いは何ですか?
A.
ほとんどの会計事務所(税理士事務所)では、税務相談や申告を目的とする「税務業務」と、決算書作成等の「会計業務」を主なサービスとして掲げています。
このうち「会計業務」は、過去のデータを集計し諸資料を作成する、いわば“過去会計”です。
そのため、決算確定後は
「利益が前期と比べて○○円下がっています。来期はがんばって売上を上げてください」
といった報告をしておしまい、というケースも多々あるそうです。
当社では、“過去会計”よりも“未来会計”を重視しています。
つまり、
「来期は、どのようにして売上を上げていくか?」
お客様と共に考えたり、提案させていただいたりしております。
「共感型経営計画書作成プログラム」や「経営会議支援」が、その特徴を生かしたサービスとなっております。
また、「税務業務」は当社と提携する税理士事務所にお願いしつつ、強固な連携体制を敷いておりますので安心してお任せください。

 

Q 現在お願いしている税理士の先生からは、売上や利益を上げるアドバイスや、金融機関からの資金調達のアドバイスは、あまりしてもらえません。そうかといって、その先生とは長い付き合いでお世話になっているので、御社(株式会社MASUKO)に乗り換えるのは困難です。何か手立てはありますでしょうか?

A.
セカンドオピニオンとして、当社をご利用されてみてはいかがでしょうか?
既に関与されている税理士の先生が作成した決算書等を元に、当社にて経営上の課題の抽出や戦略の策定、利益改善策や資金調達のご相談を承ります。
端的に言うと「税務」と「過去会計」は税理士の先生に、「未来会計」を含む「経営相談」を当社で、という区分けでお付き合いいただければと思います。

 

その他のご質問はこちらをクリックして、お気軽にお問い合わせください。